東京の求職者支援訓練

Job seeker support training of Tokyo

JavaScript基礎③(HTML・CSS)

blog55

引き続きグループ制作課題を進めています。

もう早速コンペに応募する算段を立てているグループもあります。
時間が足りなくて今回の応募は諦めたグループもあります。

グループ制作の目的は複数名で制作作業をすることを体験してもらう
訓練になります。
仕事としてのコミュニケーションを学ぶことが趣旨です。
クラスの人数は限られていて能力別に割り振ることはできないのが実際の現場とは違うところですが、きっとどの現場でも何かしらの難点をかかえていることでしょう。

実際に制作現場に行けばチームで制作する場面が訪れます。
今回はその練習のようなもので、技術や能力ではなくグループでコミュニケーションを取りながらどう役割分担をしつつ制作を進めるか、などを自分たちで考えることをやってもらいたいのです。

クラスの友人同士なので少し意見しにくかったり、相手に遠慮したり、もしくは自分の意見を押し過ぎてしまったり…いろいろと難しいことがあるようです。
ですがそれこそが今回の体験してもらいたいことです。
どうすれば気持ち良くグループで制作を進めることができるのか。
どうすれば自分の意見を聞いてもらい、かつ相手の意見を受け入れることができるのか、考えましょう。
自分から「○○ができるのでやらせてほしい」などの主張をすると、メンバーも仕事を割り振りやすいかもしれません。
今回はディレクターを決めているのでディレクターの指示を仰いだり相談してみたりも良いでしょう。
内情は各グループ毎にそれぞれですのでやり方もいろいろあります。

このグループ制作が成功体験でも失敗体験でも、きっとどちらでも実際の現場に立った時に役に立つものになるはずです。